睡眠アプリを使って快眠を心がけています

睡眠アプリを使って快眠を心がけています

睡眠アプリを使って快眠を心がけています

 

これまでずっとうまく睡眠をとることが出来ていませんでした。

 

眠るのはすぐ出来ていたのですが、なかなか気持ちよく
目覚めることができていなかったのです。

 

目覚まし用のアラームを掛けていても、その時間より前に
目覚めることが多く、まだ時間があるからと二度寝します。

 

すると、こんどは起きるのが難しくなって、
朦朧とした頭で朝を過ごすことが多かったのです。

 

なんとか気持ちよく目覚めることが出来ないかと悩んでいた時、
睡眠アプリの存在を知りました。

 

スマホにアプリを入れてセットすれば、定められた時間の範囲内で
起きるタイミングをアプリが計測し、起こしてくれるというものです。

 

無料のアプリであったため、試してみることにしました。

 

普通のアラームのようにセット可能で、睡眠中の動きをアプリが感知して、
目覚めの良いタイミングで起こしてくれるようです。

 

アプリを使用するには枕の側にスマホを置いて眠る必要がありますが、
このアプリは毎日の睡眠時間も自動で記録してくれるためとても便利です。

 

これからも積極的に使用して、快眠を目指せたら良いなと思っています。

 

快眠サプリはコチラ

 

せっかくのデートだったのに

 

睡眠がとれていません。私はここ最近、何も悩みもないし疲れてもいないのに
全く睡眠がとれていません。

 

理由はわからないけれど、私は丸一日しっかりと寝てみようと思いました。

 

そして日曜日のデートに備えて土曜日は、どこにも行かずに
寝る事にしたのです。

 

父も母も仕事なので、家には私一人だけなのです。

 

落ち着いて静かに寝る事ができると思っていたのです。

 

それなのに昼前に寝る事って結構大変だとわかりました。
昼寝をする事もないので、昼間明るい中で寝る事はないのです。

 

慣れていないのです。

 

カーテンを閉めても、外の日差しはわかるのです。

 

昼間だとわかっていると、なかなか寝る事ができないのです。
とても辛いです。

 

でも夜にはせいぜい寝れても二時間ほどなのです。
目がパッチリして、それ以上寝る事ができません。

 

だから趣味のカーテン作りをしたり、読書をしたり、
掃除をしているのです。

 

それでもやはり寝る事はできないのです。

 

そして翌日のデートの時も、ずっと眠くて彼氏の車から降りる事も
できなかったのです。

 

睡眠不足はまわりに迷惑をかけます。
彼氏も嫌そうにしていました。


ホーム RSS購読 サイトマップ